So-net無料ブログ作成
検索選択
アレルギー (&皮膚科受診) ブログトップ

昨日の皮膚科受診 [アレルギー (&皮膚科受診)]

Y先生に会って診てもらいに行って来ました。
皮膚の状態は、少し良くなっています。
内服と外用薬は、共に変更なく、ビオチン散 & ヒルドイドソフト軟膏0.3% + アンテベート0.05%.

早く良くなっておくれよ~。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

分かってるんですが・・・ [アレルギー (&皮膚科受診)]

少し良くなっていた掌蹠膿疱症)が、最近は悪化している。
時折、正常な皮膚との境の部分に痒みがでるから、ついつい掻いてしまう。すると、直ぐに小さい水泡ができちゃうのだ。

水ぶくれが出来たら掻き破ってしまわないと気が済まないっ... この性格が治らないんだよねぇ。
カサブタができたら、血がでても剥がさないではいられない... 的な・・・。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

ミヤリサンが良いそうだ [アレルギー (&皮膚科受診)]

掌蹠膿疱症でビオチンが処方中。
ミヤリサンを併用するのが有効らしい。

購入するのにドラッグストアまで外出できない自分がもどかしい。

何とかならないものなのか・・・。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

連チャンで起きたぞっ [アレルギー (&皮膚科受診)]

今日は間違いなく医大受診の日!
2日連チャンで午前中に起きたせいか、ハイテンションの自分なのだ。
替え歌を歌う夢は見なかったがハイテンションなのだっ。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は少し良くなっている。
自分はアレルゲンが歯肉の中の “キャナルス” だと思っているが、医学的にもまだまだ不明点が多いそうで、突然に完治される方もいらっしゃるとか。
煙草がアレルゲンである可能性は、かなりの確率だそうである。
禁煙・・・ 無理ムリッッ


正則先生ンとこも行ってきて胃酸を抑える薬が続行されたから、調剤薬局の上手いコーヒーが飲めなかったのは残念賞←流石の自分もこれはNG...。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

単なる対処療法なんか大っ嫌いだー [アレルギー (&皮膚科受診)]

皮膚科を受診してきた。
皮膚を柔らかくする軟膏は、酷い痒みが出たので塗っていない事を医師に告げた。

診察中、自分の口の中に入っているアレルゲンだと思われる薬について、医師は全く話さない。
何故だ!?


副腎皮質ホルモンの軟膏でけが処方されての帰宅。

治療に繋がって、いつかは治るのなら、毎日せっせと塗るのだが。
通院して長時間待つのは、とっても苦痛っっ。

「もう受診したくない」
これが自分の本音なのだ。


歯科学会で大きな問題課題になって、皮膚科に届いてくれー!。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

やっぱりステロイド剤 [アレルギー (&皮膚科受診)]

皮膚科受診の初日に診て下さった准教授が処方したのは、副腎皮質ホルモンの軟膏だった。
「やっぱりステロイドかぁ...。イヤだけど仕方ないよな。」
とか思いながら、1日2回(朝夕)塗り塗りしてた。

だってねぇ、副作用がすごいんだよー。働いていた時から絶対に使いたくないって思ってた。

で、改めてググッてみたら
免疫力は下がる ・ 慢性疲労に陥る ・ 肌が乾燥する ・ 毛が薄くなる etc...
それから、
『物忘れが激しくなるとか、肥満、糖尿病にかかりやすくなるという説もある。』 -と出てきた。

自分が処方されてたのは、“ 最も強力” と “ 強力” の間になるかなり強力のタイプで、大人の場合、連続使用は1週間以内とも書かれてる。
ワセリンと混合されてるから、直にこうではないんだろうけど。


今日の受診で、アレルギーパッチテストの結果は全部
歯の件は、「皮膚科では何とも言えない。」と言われた。
自分は、「詰め物の薬が抜け出て痛んでくる迄は、このままでいたいです。歯科通院は心身共に苦痛なんです。」と話した。

硬くなっている皮膚を柔らかくする軟膏が追加された。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

背中にパッチッチ [アレルギー (&皮膚科受診)]

皮膚科受診2日目。

「ゆる~りマッタリさーん。こちらへどうぞ。」
処置室へ入るように言われた。今日は診察は無いらしい。

「アレルギーテストのパッチを張りますね~。」
直径1.5センチくらいの丸いシール8枚が背中に貼られた。

パッチを張られながら、歯肉の中に長期間入っている薬の事を話した。
「先生に伝えておきますね。」
医師なのかナースなのか判別できない女性職員は、
「あ~今日のテストに、その薬の成分の一部が含まれてるからわかりますね。」って、説明書を見ながら言った。


次の受診予約は明後日で、その翌日も予約が入っている。連チャンで何をされるのだろうか?



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

手のひらと足の裏の皮膚がグチャグチャ [アレルギー (&皮膚科受診)]

10年以上前から皮膚疾患が出ていた。自分は、まだ仕事をしていた時に飲んでいた薬の副作用の延長だと思っていた。
皮膚の表面の下が陥没していて液状の物が溜まって痒い!
針で穴を開けて液状物を出すと痒みが止まるから、いっぱいできていた物を出していた自分だった。
そうこうしている内に、魚の鱗のようになってくるは~の、皮膚が真っ赤になってくるわ~の、広がってくるわ~の(汗)。

以前、正則先生(仮名)に皮膚科受診を勧められていた。
その時は、体調が悪くてこれ以上の通院科数が増えたら死ぬ!と思っていた自分であった。


最近になって液状の物が、無色透明から黄緑色になってきた。

今日、皮膚科受診をしてきた。医師達は、やけに歯を気にしていた。
自分の歯は、10本近く銀歯が入っている。でも、アクセサリーで、かぶれた事は無いので金属アレルギーは無いはず…。
が、
会計待ち中に、神経を抜いた穴に詰めている薬がある事に気付いた。この薬が原因である可能性が高そうだ。

歯科に薬品名を確認して、ググッているとこんなサイトに行きついてしまった→http://www1.vecceed.ne.jp/~tsu39a39/sika-allergy.htm


歯が原因であれば、全部抜歯?
皮膚科の医師に、他に方法がないかどうか相談しなくてはいけない。



押しかけ入門した師匠のブログはこちら!!
 → オレがうつになりまして

●こちらもお勧め! → おねぇ系薬剤師の独り言

アレルギー (&皮膚科受診) ブログトップ